読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一つ

文学

スティーヴィー・スミスを。シルヴィア・プラスもスミスが好きだったようだ。

Stevie Smith, ‘Not Waving but Drowning’

Nobody heard him, the dead man,
But still he lay moaning:
I was much further out than you thought
And not waving but drowning.

Poor chap, he always loved larking
And now he’s dead
It must have been too cold for him his heart gave way,
They said.

Oh, no no no, it was too cold always
(Still the dead one lay moaning)
I was much too far out all my life
And not waving but drowning.

スティーヴィー・スミス「手を振っていたんじゃない、溺れていたんだ」(拙訳)

誰も彼に、その死者に耳を貸さなかった、
でも彼はまだ横たわって呻いていた
僕は君らが思っているよりずっと遠くにいたんだ
そして手を振っていたんじゃない、溺れていたんだ。

かわいそうなやつ、あいつはいつもふざけるのが好きだった
それが今や死んでしまった
彼には冷たすぎたに違いない、彼の心臓は破裂してしまった
そう彼らは言った。

ああ、違う、そうじゃない、いつだって冷たすぎたんだ
(死者はまだ横たわって呻いていた)
僕はこの人生ずっと、はるか遠くにいたんだ
そして手を振っていたんじゃない、溺れていたんだ。